ディープラーニングの映像認識技術により、
映像から人・事物・時間・場所等を全面解析
画像情報を有効なSmart Dataに変換し、
様々な環境の分析・把握に便利

 

2017年4月のNew Scientistの記事によりますと、
コンピュータビジョンはロボットのサポートにより世界をより深く理解するという次の大きなチャレンジに向け、すでに準備を進めています。
イメージネットのチームは2018年に新たなチャレンジに臨むと述べています。イメージネット国際コンテストの詳細はまだわかっておりませんが、「現実世界でのモノを分類できるシステムを作成し、自然言語で説明する」という、未だコンピュータビジョンでは実現できていないものを解決することが目標であると思われます。


耳で理解から目で理解へ
AIで映像内容を認識し、言葉で説明

写真や動画が次々と大量に生産されている現在、その分析を行う人手は足りているでしょうか。インツミットのSmartVisionはディープラーニングとニューラルネットワークを基とした映像認識技術で、言語による写真や動画内容の説明を自動で作成。顧客のニーズに合わせたカスタマイズにより命令の自動化にも対応。潜在的な応用領域は無限に広がっています。

スマートに人の流れを解析

ショッピングモールでは多くのお客様で毎日賑わっています。
POSシステムにより購入履歴データの記録はされていますが、その他にお客様の属性を分析し、潜在的顧客を正確に把握する方法はありますか?
SmartVisionにより売場・レストラン・駅周辺などの人が多く集まる場所の映像からリアルタイムで性別や行動などの解析・記録を行うことで、各種マーケティング・計画的な販売促進活動が可能となります。
解析結果の精度は機械学習により常時修正を行い、更なる精度向上を図ります。


Demo Video

「インダストリー4.0」のスマート生産モニタリング

工場や研究所など人の出入りが厳重に管理されている場所では、監視に費やす労力や時間の負担が重くなってしまいます。
SmartVisionにより24時間絶え間なく監視を行うことで、人や未知の物体が制限エリアに現れた場合にはメールやSMSなどにより自動でアラートを通知、素早い対応で重大事故の発生を防ぎます。


Demo Video

スマートに災害を監視

グローバルな気候変動により世界的に自然災害が増加し続けています。
AI技術を駆使して、スマートに災害による被害を最小限に抑えることはできますか。
SmartVisionにより24時間絶え間なく監視を行うことで、街中火事が発生したり、
水位が高くなったりする場合にメールやSMSなどにより自動でアラートを通知、素早い対応で重大災害の発生を防ぎます。


Demo Video