Digital Transformation (DX) with AI

リーン AI

Intumitは、クラウドコンピューティングの実現、ディープラーニングの計算時間の短縮と出力の増加、NLPモデルの推論コストと大きな二酸化炭素排出量の削減など、より明るいビジネスの持続可能性のために低炭素なビジネスを促進するグリーンAIに取り組み続けています。

カーボンニュートラルへのチャレンジ

Intumitでは、トップクラスの学術研究者とともに、サイズの異なる多数の事前学習済みサブネットワークを用いて計算効率を向上させ、学習データ、学習時間、学習モデルを削減する方法を模索しています。

ディープラーニングのモデルを大規模に学習させるには、約626,000ポンドの二酸化炭素が必要で、これは自動車5台の生涯排出量に相当します。NLPは人間の言語を解読・分析することを目的としており、予測文生成などのアプリケーションでは、ニューラルネットワークの複雑なシステムの下で動作しています。研究によると、場合によっては、そのネットワークの一部を別のものに再利用することができます。あるタスクのために選んだサブネットワークを別のものに再利用することで、強力なモジュールがより少ない演算能力で使用できるようになります。

Intumitでは、様々なデータ、パラメータ、モデル要素を制御するためのエネルギー効率の高い技術を追求し、今後のオペレーションを脱炭素化するためのイノベーションと技術への投資を継続し、カーボンニュートラルに対応します。

二酸化炭素排出量の削減

Intumitは、二酸化炭素の削減に取り組むことで、パートナーや企業が環境に与える影響を最小限に抑え、持続可能性のメリットを最大化するためのサポートを提供します。特に日本やASEAN地域のパートナー企業に対して、グローバルおよび国内での炭素削減と除去の機会を加速させるために、このような取り組みが行われます。

2030年には、企業が活用するクラウド対応技術とサステナブルな取り組みが、カーボン・マイナスを目指して発展していくと考えています。

Intumitは、二酸化炭素排出量削減のためにニューラルネットワークの計算時間の複雑さを軽減することで、2021年後半にSmartBERT Green Editionを発表する予定です。