Digital Transformation (DX) with AI

社会的価値の創造と参画

HOME > CSR > 社会的価値の創造と参画

ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)

ダイバーシティとインクルージョンは、他者を許容するだけでなく、誰もが溶け込める環境を作り、多様でありながら受け入れやすい職場風土を作ることです。新たな職場文化は、多様性を維持しながら、一人ひとりの違いを尊重し、維持することに重点を置いています。個人の独自性の価値を高め、最終的に職場の平等を実現します。「多様性」は取り組みであり、「包括性」は目標です。

  1. 組織においての取り組み
    Intumitは、当初の採用経路や手順から外れた学校や専門的な機関からインターンを採用しました。一度に一人だけダイバーシティ人材を採用するような採用ルートでは限られるため、個人の成果に依存することになります。多様な人材の恩恵を受けるのであれば、女性団体や専門職団体、大学など他のダイバーシティ部門と強力なパートナーシップを築き、定期的に専門知識の提供やインターンの採用、さらには奨学金の企画などを行う必要があります。これらの方法は、才能に恩恵を与えるだけでなく、会社が才能を重視していることを示すことにもなります。
  2. 従業員への取り組み
    Intumitは、社員が歓迎され、支援され、意見を聞いてもらえるようなインクルーシブな職場環境を作っています。特に、職場に馴染みのない若い社員は、多くの障害にぶつかり、多様性が十分に発揮されない環境では、より大きな困難が生じます。従業員の隠れた差別も解決する必要があります。また、社員のキャリア開発、メンター制度などを設け、サポートできる体制を整えました。
    さらに、特定の民族に対して無意識に偏見を持つ、いわゆる隠れた差別の最大の問題は、人々が自分の行動や言葉が差別的であることに気づいていないだけであることです。個人の違いを尊重し、性別、人種、宗教、年齢だけでなく、体型、性指向、学歴、国籍、性格(内向的)なども含めて、働きやすい環境を作ることが重要であると考えています。
  3. 多様な人材開拓への取り組み
    Intumitには、新入社員の昇進を奨励する仕組みがあります。例えば、昇進の機会が限られている女性やマイノリティ。このとき、企業はリーダーシッププランやメンター制度などを利用して、それぞれのロールモデルを育成する必要があります。これにより、より多くの同じ民族の人々が、会社での将来のキャリア形成に期待を持つことができます。社員との対話を増やすために、毎年定期的にこれらの少数民族の昇進率や能力を確認し、他の社員と比較しながら、社員に自己価値観や帰属意識を持たせるような適切な支援を実施します。
  4. グローバルな従業員や女性従業員の割合、人材採用、多様性と平等性に関する情報を公開
    2020年末までにIntumitの従業員数は124名、うち30~50歳が過半数、女性が35%、女性管理職が38%となっています。外国人社員は6名、原住民社員は2名で、現地社員が中心です。
  1. 社員の声

Rieko / 日本

男女差別を感じたことは特になし。実際、INTUMITでも管理職やリーダー職に付いている女性も多く、男女の平等率が高いと感じる。日本人差別はなく、むしろ逆に優遇されていると感じる面もある。

Ryo / 日本

日本では安定性や信頼性を重視して慎重なため、「問題発生」を恐れ、合議による利害調整を重んじる傾向がある一方、台湾は、「機会損失」を恐れ、先進性やスピードを重視し、現場権限も強く、経営者の高いリーダーシップ力があり、即決型である傾向。

Stella / インドネシア

Berhubung saya belum pernah bekerja saat saya masih di Indonesia, saya tidak memiliki banyak pengalaman tentang ini. Namun saya mendengar dari beberapa teman bahwa tingkat senioritas di Indonesia masih tinggi.

私はインドネシアで働いた経験がないので、詳しいことはわかりませんが、友人からインドネシアでは年功序列が大きな問題だと聞いています。幸いなことに、私はIntumitでそのような問題に遭遇したことはありません。

Kate / タイ

เราคิดว่าเพื่อนที่ Intumit ให้ความช่วยเหลือดีมาก ให้การสนับสนุนและเฟรนลี่มากค่ะ มีข้อสงสัยใดๆก็ถามได้หมด ไม่มีการว่ากล่าวอะไรให้เรารู้สึกแย่ ถ้าให้เปรียบเทียบกับบริษัทไต้หวันที่เคยทำก่อนหน้านี้ เพื่อนที่ทำงานเก่าบางคนก็ดีกับเรา เทคแคร์ดีมาก บางคนเรายังติดต่อกันอยู่เลย แต่ก็มีอีกส่วนที่ดูจะเข้ากับเราไม่ค่อยได้ คอยจับผิดเราบ่อยๆ แต่ที่ชอบสำหรับ Intumit คือเพื่อนที่ทำงานเขาไม่ยุ่งเรื่องส่วนตัวเราค่ะ ทำงานในพื้นที่ของตัวเอง ซึ่งตรงข้ามกับบริษัทเก่าที่เราเคยทำ

Intumitの同僚はとても親切で、サポート力があり、フレンドリーだと思います。何か質問があれば、彼らは喜んで助けてくれます。私が勤めていた他の台湾の会社では、とても親切で思いやりのある人もいれば、あまり協力的でない人もいました。Intumitで気に入っているのは、同僚がプライバシーを守ってくれることです。

男女平等

多様でオープン、平等でハラスメントのない職場環境づくりに努め、児童労働、強制労働などの人権侵害は決して許しません。また、個人の性別、性的指向、人種、階級、年齢、結婚、言語、思想、宗教、政党、出身地、出生地、容姿、顔貌、心身障害、過去の組合加入などの差別の形態は絶対的に禁止しています。それは差別的取り扱い、またはあらゆる形態の差別を含みます。また、従業員の正当な権利と利益を侵害から守るために、多種多様で安全な苦情申し立て窓口を設けています。

多様な教育・研修

従業員の専門的・技術的能力を高め、作業効率を強化し、製品の品質に注意を払うため、社内外研修を実施し、各職務の従事者の専門的能力を強化しています。同社の研修は以下の通りです。

  1. 新入社員研修:入社日に、会社の業務内容、就業規則、福利厚生、注意事項、職場環境紹介、情報セキュリティー、個人情報などを説明し、会社についての基本的な理解を深めてもらっています。
  2. OJTによるスタッフ教育:同僚から専門的な技術、知識、仕事に対する管理能力を教わります。
  3. 専門的な技能訓練:必要に応じて同僚を関連機関に派遣して社外研修を実施し、検査技能の専門的な資格の取得をサポートします。

健康的な職場づくり

職場の安全と健康環境の推進については、各種労働法規の遵守はもとより、健康で安全、かつ快適な職場環境づくりに取り組んでいます。

  1. 安全で健康的な職場環境と必要な保健・救急施設を提供し、従業員の健康と安全に影響を与える職場環境の危険性を排除し、また労働災害のリスクを低減すること。
  2. 同僚の過労に積極的に配慮・管理し、超過勤務を避け、労働安全関連の教育訓練と無料健康診断を定期的に実施し、さまざまな健康増進活動を継続して行い、従業員の心身の健康に十分配慮すること。
  3. 医師や関連する医療アドバイザーが提供する特別なケアやオンサイトサービス、あるいは参考として社員に提供される健康マニュアルがあります。

安全な労働環境

当社は情報サービス業であり、製造業ではないため、業務用機械装置の生産設備はありません。

安全な作業環境のための注意事項:

  1. 就業前や就業中に、飲酒や心身に有害な薬物の乱用は厳禁であり、上司は同僚の心身の状態に常に気を配ります。
  2. スリッパやサンダルなどの簡易的な履物を履いてはいけません。また、職場内を裸足で歩いたり、作業したりすることは厳禁です。
  3. 職場において、追いかけっこ、遊び、いたずらなどは厳禁です。
  4. 従業員が体調不良や感情的になって与えられた職務を遂行できないと感じた場合、上司に報告し、休暇を取得する必要があります。
  5. 従業員は、職場の清潔さを保ち、共同で安全な職場環境を維持しなければなりません。

労働者の権利尊重

会社は、従業員が様々な団体を組織し、加入する権利を尊重しています。労使間のコミュニケーションについては、定期的な労使代表選挙や労使協議会のほか、調和のとれたWin-Winの労使関係を確保するために、多様なコミュニケーションの仕組みやプラットフォームを提供しています。

労使間コミュニケーション

会社の労使関係は調和がとれており、安定しています。会社は良好な環境を維持し、積極的な事業展開を採用しており、従業員の福利厚生の向上に努めています。同時に、労使間の円滑なコミュニケーション手段を維持しています。従業員の権利と利益を守るために、定期的に労使協議会を開催しています。社員と会社はともに成長し、成果を共有することができます。

給与・待遇

会社は業績を伸ばすために、従業員の権利と利益に一層注意を払い、「顧客にサービスを提供し、社員を大切にし、株主に還元する」という持続可能な企業哲学を掲げています。従業員の給与を向上させるため、労働と資本のWin-Winを促進し、コーポレートガバナンスと企業の社会的責任を実践しています。

従業員の給与情報:
  1. 「全社員(役員を除く)」が平均的な福利厚生、平均給与、同業他社の平均給与。
  2. 「管理職ではない正社員(取締役、管理職を除く)」の平均給与と中央値。

なお、給与と営業成績が等しくない場合の判断基準は、以下のとおりです。

  1. 管理職でない正社員の平均(年間)給与が50万元未満であること。
  2. 業績(EPS)は同業他社より良いが、管理職でない正社員の平均(年収)は同業他社の水準より低い。
  3. EPSは前年度に比べ増加したが、監督部門に属さない正社員の平均(年間)給与は前年度に比べ減少。

福利厚生・退職金制度

社員の福利厚生施策

中華人民共和国労働基準法の関連規定に基づく健康保険と労働保険のほか、従業員の団体保険、労働者個人退職年金口座の割り当て制度を設け、従業員の関連福利厚生を保護しています。その施策と実施状況は以下のとおりです。

  1. 特別休暇を取得し、年金を積み立て、社員福祉委員会を設立し、福祉活動を調整し、労働者の権利を守ります。
  2. 全従業員が法令に基づき労働保険・国民健康保険に加入し、従業員のための団体保険に加入し、保険料は会社が負担するものとします。
  3. 社員の健康診断を定期的に行い、社員によるレジャーや観光活動を随時企画し、同僚の余暇を充実させ、親睦を深めます。
  4. 福利厚生施策としては、定期健康診断、社員会食、お年玉、業績賞与、社員旅行などのほか、社員教育・研修などの福利厚生施策があります。
退職金制度

「労働基準法」の関連規定に基づき、従業員の退職金積立金を毎月一定の給与率で特別勘定に配分し、労働基準法の規定に従って従業員の退職年金支払を処理しています。また、当社および子会社は、労働年金規程に基づき、従業員の新制度を適用し、従業員の年金の6%を毎月配分し、個々の労働年金口座に収納することにより、従業員の権利・利益を保護しています。また、従業員は毎月の給与の0〜6%を個人の退職年金口座に振り込むこともできます。従業員が政府の定める法定退職年齢に達すると、毎月の年金または一時的な年金を政府に申請することができます。