Digital Transformation (DX) with AI

ベーリンガーインゲルハイム

HOME > 事例紹介 > ベーリンガーインゲルハイム

医師向け医療チャットボット

ベーリンガーインゲルハイムは、世界有数の独立系バイオテクノロジー企業として、世界中の何百万人もの人々に製品を提供し、革新的な製品開発の可能性を追求しています。

Intumit 対話型 AI (AI 搭載チャットボット) は、患者や医師が医療に関するナレッジを参照できるサービスを提供し、医療情報、医療記録、ドキュメントの利用を促進します。

実施内容

無料オンライン相談、月刊ニュース、副作用相談、がん検診など、さまざまなコンテンツを利用することができます。テーマごとに対話型 AIが担当し、イベントへの招待をスマートフォンに通知することも可能です。

対話型AIにより、LINEを通じて患者・医師ともに医療情報にアクセスできます。

医師は様々な医療に関するデータにアクセスでき、患者との対話も可能です。患者は希望する病院を選択して連絡先を記入しログインします。

薬の種類によって、どの対話型AIに問い合わせるかが決まります。また特定の情報はメールアドレスを入力することでユーザーのメールに送信することができます。

導入効果

社内のすべての活動において、90%以上インタラクションが増加し、92% 対話型AIが正確な回答を提供し、87%以上のサービス要件を満たしたことを示しています。

87% ユーザ満足度

90% 社内でのインタラクション増加

92% 対話型AIとしての正答率